うちの子障害児なの?

友人の子ですが、とても落ち着きがなくじっとしていられない姿がみられました。注意散漫なのか、様々な事に興味関心があるのか、あっちこっち行ってしまう状況です。友人も追いかけたり、怒ったり、人目を気にしたりととても疲れ果てていました。そのうち子どもを戸外に連れて行くことを嫌がるようになっていきました。家にいる時間が長くなるとお互いにストレスが溜まるのかメールや電話で友人が涙を流し相談してくることが多くなってきました。その頃の友人は保育園に数日後入園するということを希望に辛抱していたように思います。後は少し子どもと離れる時間が出来たことで友人にも余裕が出てきました。しかし、やはり落ち着きがない姿は変わらず、体力と運動能力も上がるにつれて大変な部分も増えていき保育園の先生に相談したり、園側からも気にかけてもらうようになりました。友人は一人ではないという思いが強くなり救われたそうです。

友人は専門の方に相談することを園から勧められました。はじめは友人も戸惑い、なかなか専門機関に足を向けられずにいましたが。勇気を出して相談に行ったそうです。そこから病院を紹介してもらったりアドバイスをしてもらったりする中で、子どもは多動性障害というものであると分かったそうです。障害という言葉に友人はとても抵抗がありました。受け入れられず、自分のせいなのではないかと自分を責めていた時期もありました。しかし、保育園と専門機関に通うようになり、我が子のありのままを受け入れ、理解してもらえる存在や居場所が出来たことと、子ども自身も成長に伴って落ち着く時間や事柄が目に見えて増えてきた姿から友人の子どもへの見方が変わってきました。自分のせいでも本人のせいでもない…病気がそうさせているのだ。と思うようになってきたそうです。勇気がいります。認めるなんて出来ません。でも向き合うことの大切さを感じました。
多動性障害の子供のサプリメント※うちの子はコレで効果がありました